集団左遷!! 4話 あらすじ【ネタバレ注意】

福山雅治主演 日曜劇場(TBS日曜夜9時)

「集団左遷!!」の第4話のあらすじとネタバレです。

 

本部に情報をリークしていたのは花沢(高橋和也)だった。

花沢は横山(三上博史)の指示で動いていた。

しかし、花沢に対して片岡(福山雅治)は、「一緒に頑張ろう」とチャンスを与える。

 

不動産コンサルティング会社を経営している神崎(戸次重幸)は、花沢を訪ねてきた。

東京リゾート開発がリゾートホテル建設を計画していることを告げる。

蒲田支店に融資の大口案件が入った。

しかし、今までのように本部の横やりが入ることを心配する真山(香川照之)。

 

花沢は「自分には案件を担当する資格はないので辞退させて欲しい」と片岡に伝える。

片岡は、滝川(神木隆之介)に東京リゾート開発の案件を担当するよう指示。

 

東京リゾート開発の案件は順調に話が進む。

しかし、不審な点が。

融資が早く下りるよう稟議を早く通してほしい、とやたらと神崎は主張。

 

そんな中、蒲田支店へ取材が入る。

発売された雑誌には、蒲田支店の廃店、リストラ計画が掲載されていた。

報道を受け、不安を感じた神崎は期日までに融資が決まらなければ他の銀行に話を持っていくと言う。

片岡は、宿利(酒向芳)に融資の稟議を通してもらうようお願いする。

だが、すんなり話が通り肩透かしを食らう。

 

しかし、裏で宿利と神崎は繋がっていた。

 

いよいよ融資実行日を迎える。

真山は最後まで東京リゾート開発の上役と会えていない事を心配し、

花沢と一緒に東京リゾート開発の担当者を訪問。

しかし、融資実行日にも関わらず担当者は出張中だった。

書類も偽造されたものだと発覚。地面師による詐欺だったのだ。

真山と花沢のおかげで被害は免れたものの、ノルマ達成は遠いものに。

 

しかし、雑誌での報道を受けて、「蒲田支店が廃店になったら困る」

というお客さんが、かけつけてくれた。

順調にノルマ達成に向けて業績を積んでいく蒲田支店。

 

そこに人事部からの一本の電話が。花沢の出向命令の電話だった。

それを受けて片岡は、横山に花沢の出向を取りやめてほしい旨を伝える。

しかし、「花沢という人物は知らない」と自分の身の潔白を主張するだけだった。

 

花沢は出向を受けることに。

力を尽くしてくれた片岡にお礼を伝える花沢。自分の無力さにうなだれる片岡。

しかし、花沢の分まで、ノルマ達成に向けて一層「頑張る」ことに。

 

感想

横山の、自分の手は汚さない、駒は必要なくなれば切り捨てる、というずる賢さが顕著に表れています。

一瞬映るシーンにも、登場人物の性格が現れており、演出のこだわりを感じました。

片岡が本部を訪ねた際、会議を控えていた横山。

その会議内容は、「無人店舗を導入した際のシミュレーションについて」の会議でした。

徹底的に人員を削減し、リストラ計画を進める横山の性格が顕著に出ているシーンだと思います。

また、宿利を使って蒲田支店を廃店に追い込んでいく横山。

追い込まれた宿利がどのように蒲田支店を妨害し、暴走していくのかが気になります。

Copyright© モテ女子素敵女子.com , 2020 All Rights Reserved.