モテるための女子情報や、素敵な女子になるためのサイト

モテ女子素敵女子.com

集団左遷!! 6話 あらすじ【ネタバレ注意】

福山雅治主演 日曜劇場(TBS日曜夜9時)

「集団左遷‼︎」6話

 

見どころ

いよいよ廃店まで残り日数がわずかになった蒲田支店。

「数字ばかりにとらわれ徹底的に無駄を削減する」本部、「お客様のためにプライドを持って仕事をする」蒲田支店の最終決戦を迎えます。

蒲田支店は利益を着実に上げるも、廃店断行の姿勢を崩さない本部。

目標達成まで残り1億まで差し掛かるも、蒲田支店は「数字」を取るか、「お客様」を取るかの決断を迫られることに。

 

ネタバレ

三嶋食品の社長三嶋(赤井英和)は、蒲田支店から融資を受けた後、行方を眩ませてしまう。

海外への逃亡を阻止すべく片岡(福山雅治)たちは空港へ。

逃亡寸前のところで取り押さえたものの、目標達成まで25億へ逆戻り。

 

廃店まで1ヶ月半。

横山は「目標に1円でも届かなければ、蒲田支店の廃店を断行する」と取締役会議で宣言する。

 

片岡は目標必達のため、蒲田支店一丸となって営業を進める。

残り21日、目標まで14億。

片岡に融資の相談が入る。

サイボーグ義足を製作しているベンチャー企業が、会社設立のために融資をお願いしたい、とのこと。

しかし、自己資金がなく融資は難しい。

「投資家の紹介などは出来るのでまた相談してほしい。まずは事業計画をしっかり練ることが先決」と片岡は伝える。

 

そんな中、藤田頭取(市村正親)から呼び出された片岡。

片岡は三嶋食品の一件を謝罪し「廃店の決定は待って欲しい」と嘆願する。

しかし、予想に反して藤田から融資先の紹介をされる。

かつての藤田のお客様の西村精機は、社長も亡くなり後継が居ない。

社長の奥さん(丘みつ子)は会社を畳み、土地を利用して駐車場経営をするために1億の融資をお願いしたいとのことだった。

 

かつて蒲田支店に居た花沢(高橋和也)は、出向先のスーパーで新店舗出店のための融資の相談にやってくる。

そして、「頑張ればどんな高い壁も乗り越えられるところを見せて欲しい」と激励。

 

目標まで、西村精機の1億の融資を残すのみになった蒲田支店。

しかし、滝川(神木隆之介)は丁寧に機械や工場を掃除する奧さんの様子を見て「工場を再建したいのでは?」と考える。

蒲田支店の廃店・リストラ回避まで残り1億。

しかし、本当にお客さんの為を思うと駐車場経営の融資は正しいのか、滝川は悩んでいた。

滝川から相談を受けた片岡は「蒲田支店のみんなで決めよう」と提案。

蒲田支店が出した決断とはーーー。

 

感想

いよいよ第1章完結。

蒲田支店は、今まで本部がしてきた数字を取るのか、お客様を取るのか、究極の選択を迫られます。

蒲田支店全員で出した結論には、後悔の色は無くとても清々しい気持ちになりました。

6話最後で発表された辞令。

早くも第2章での波乱を予感させ、今後の展開が気になります。

Copyright© モテ女子素敵女子.com , 2019 All Rights Reserved.