モテるための女子情報や、素敵な女子になるためのサイト

モテ女子素敵女子.com

ラジエーションハウス 4話 あらすじ【ネタバレ注意】

窪田正孝出演の放射線技師 フジテレビの月9ドラマ

「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の第4話のあらすじとネタバレです。

 

甘春総合病院の放射線科医・甘春杏(本田翼)は、友人と居酒屋で飲んでいた。

友人に「気になる人はいないの?」と聞かれ、

放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)の顔が浮かんで慌てる。

杏はその帰り道、偶然唯織に出くわす。

唯織は、酔っぱらって寝てしまった杏を介抱する。

そこで杏が、変形性股関節症の60代男性患者のことで悩んでいることを知る。

画像所見と、血液検査が合わないと考えているらしい。

 

翌日、ロックバンドでギターをしている大学生の坂元美月(山本舞香)が、

右肩の痛みを訴えて病院を訪れる。

レントゲン検査の結果、骨に異常は見つからず整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)は、

「しばらく様子を見ましょう」と診断する。

 

新人放射線技師・広瀬裕乃(広瀬アリス)は、仕事を一人で抱え込んで、

てんてこ舞いをしていた。

裕乃は、カンファレンスで簡単な専門用語もわからなかったことで、

診療部長の鏑木(浅野和之)に嫌味を言われる。

裕乃は落ち込んでボーッと歩いていて、帰りを急ぐ美月とぶつかってしまう。

そのとき、美月が“FLY AGAIN”という曲を聞いていたことがわかりハッとする。

 

それは裕乃が、高校のときバスケットボール部の仲間から、

誕生日プレゼントとしてもらった曲だった。

バスケ部の仲間から“久しぶりにみんなで集まろうよ”とラインが来るが、

気がのらない裕乃。

実は高校最後のバスケ部の試合は、自分の失敗で負けてしまったと、

ずっと後ろめたい気持ちを持っていた裕乃だったのだ。

 

病院で美月を見かけた裕乃は、美月が2週間後に大学最後のライブを控えていることを知る。

そのため「早く治したいから再検査をしてほしくて来た」と話す美月。

 

そんなとき、杏が気にかけていた60代の男性患者の再検査を、

唯織が勝手に始めようとしていた。

裕乃が「どうして勝手なことをして、みんなに迷惑をかけるの?」と怒り、

放射線技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)を呼びに行く。

事態を聞きつけた鏑木が、「勝手なことをして何も見つからなかったらクビだ」と言い放つ。

結果は何も見つからず、「残念だったな」と言う鏑木。

唯織は、「残念?再検査で異常がなかったのは、喜ぶべきところですよ」と言い返す。

鏑木は、「技師が独断で検査を強行したのか?それとも甘春先生が指示したんですか?」と迫る。

院長大森渚(和久井映見)に「検査の指示は総合診療科部長が出したのよ」と、

言われ一件落着。

 

小野寺は裕乃に「一人じゃ無理でも、誰かの助けがあればどうにかできる。

チームなんだから迷惑かけるとか考えなくていい」と言って励ます。

裕乃は勇気を出して、美月がもうすぐ大事なライブを控えている話をする。

放射線科の黒羽(山口紗弥加)、軒下(浜野謙太)、威能(丸山智巳)、

悠木(矢野聖人)の力を借りて裕乃が美月の再検査をする。

裕乃は、美月が肩の後ろをさすっていたことを思い出し、

レントゲンの範囲を広めに撮影する。

それが功を奏して唯織がパソコンを叩き、“気胸”だと判明する。

2~3日から1週間で完治すると聞いて、喜ぶ裕乃。

 

帰り支度をした唯織を待っていた杏は「いろいろとありがとうございました」とお礼を言う。

唯織は「僕がずっと聞きたかった言葉だ」と感激する。

 

美月は、仲間と無事ライブを終えることができる。

結果はどうあれ、困ったときに助け合えるのが本当の仲間だと気づいた裕乃は、

高校時代のバスケ部の集まりに参加する。

黒羽が、唯織を見つめる杏に気づき「おやおやぁ、まさかね~?」とほくそ笑む。

 

感想

唯織と杏は、幼馴染なんですよね。

でも、杏はそのことに気づいていない・・・。

唯織はわかっていて杏を見守っている。

それもそのはず、唯織は小さいときの面影がないんです。

ドラマあるあるです。(笑)

本田翼さん、クロスの法則をしていました。

演出によるものなのか、自分でついやってしまうのか?

左側の髪の毛を右手でかきあげてましたよ。

美人が美人の法則をやっちゃいけないでしょ?なんちゃって。

恋に不器用な唯織と杏、黒羽さんが仲を取り持ってくれそうな予感です。

 

Copyright© モテ女子素敵女子.com , 2019 All Rights Reserved.