モテるための女子情報や、素敵な女子になるためのサイト

モテ女子素敵女子.com

パーフェクトワールド 5話 あらすじ【ネタバレ】

松坂桃李×山本美月の純愛ラブストーリー 関テレの火9ドラマ

「パーフェクトワールド」第5話

 

見どころ

5話のタイトル「幸せを願って」とは、鮎川がつぐみの幸せを願うこと

鮎川がつぐみやその周りの人たちの幸せを願い、ある決断をする。

つぐみを大切に思えばこそ、みんなが辛くなってしまう。

鮎川のつらい決断のシーンは涙なしでは見られません。

 

それでは、「パーフェクトワールド」第5話のあらすじネタバレです。

 

ホームに落ちたつぐみ(山本美月)はギリギリで駅員に助けられ、左足の骨折で済んだ。

鮎川(松坂桃李)はつぐみがセミナー通いなどで無理していたことを知り、

そばにいたのに助けられなかった自分を責める。

駆けつけたつぐみの父、元久(松重豊)は鮎川を責め、鮎川は涙ぐみ謝った。

 

つぐみは休職し松本で休養することに。

ヘルパーの長沢(中村ゆり)は、責任を感じている鮎川の精神状態を気遣い通うことにした。

翌朝、病院で鮎川と会った元久は、「つぐみと別れてほしい」と頭を下げる。

 

つぐみに電話した鮎川は、松本に行く前に見送りにいくと約束する。

翌日、病院へと向かう時に、鮎川は意識を失ってしまう。

知らずに松本に出発するつぐみ。

長沢は車内で倒れた鮎川を発見した。

気づいた鮎川は合併症の可能性を恐れ動揺する。

そしてつぐみに心配させてしまうと、連絡しないでいた。

 

松本でつぐみは、元久が別れてくれと言ったことを知り、怒る。

偶然出会った元同級生美姫(水沢エレナ)が連絡し、鮎川が入院していることを知った。

 

元久には責められたが、つぐみの幼馴染洋貴(瀬戸康史)に頼み、

つぐみは東京に帰った

鮎川は便が出ないため高熱が続いていた。

摘便するという長沢に、つぐみは「私がやる」と言う。

鮎川はつぐみに「病室から出てくれ」と辛そうに頼む。

長沢は「あなたのせいで樹が苦しむ。障害は日常で綺麗ごとじゃない。

私も彼が好き。あなたより役に立つ」と怒りをぶつける。

 

迎えにきた洋貴に「私はヒロを利用している」と泣きじゃくるつぐみ。

洋貴は「ずっとお前を見てきたから放っておけない」と、つぐみをおんぶして帰る。

長沢は、病室の窓から鮎川にその場面を見せた。

鮎川は「つぐみを支えてくれる人が欲しい」という元久の言葉を思い出していた。

 

検査の結果、鮎川は合併症ではなくストレスで手がしびれていただけだった。

退院が決まり、デートの約束をする2つぐみと鮎川

しかし鮎川は「川奈には幸せになってほしい」と鮎川の母、文乃(麻生祐未)に決心を伝えていた。

 

2人は久々のデートを楽しむ。

しかし、最後に鮎川は涙ながら「川奈のことが誰より大切だけど、その分自分の障害が辛くなる。

川奈のことも不幸にするだけ。俺たち、もう終わりにしよう」と別れを告げた。

 

感想・まとめ

お互いを純粋に思い合う2

しかしキレイごとだけでは解決できないことや、

お互いの存在が大切だからこそ辛い存在にもなってしまう

別れのシーンは視聴者も切ないシーンに。

このまま2人は別々の道を歩いていくのか。

来週の展開にも目が離せません。

 

Copyright© モテ女子素敵女子.com , 2019 All Rights Reserved.