【緊急事態宣言】大阪の買い物・ラウフラインはどうなるの?

 

4月7日17時45分頃「緊急事態宣言」が出ました。

 

対象は、「東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡」の7都道府県。

期間は、4月7日~5月6日の1か月間です。

 

「緊急事態宣言」がでた大阪の買い物と食事・ライフラインはどうなるのでしょうか。

「緊急経済対策(事業者向け)」で経済援助はあるのでしょうか。

 

緊急事態宣言を受け大阪の買い物食事は?

 

「緊急事態宣言」が出た大阪府では、スーパーや飲食店はどうなるのでしょうか。

 

百貨店・商業施設

 

百貨店、商業施設では、

 

「ルクア大阪」来月5月6日まで全館休館。

「阪神・阪急・大丸・髙島屋・近鉄」は検討中。

 

検討中な理由は、食品売り場だけは営業できるようにする可能性があるからだそうです。

 

スーパーマーケット

 

スーパーマーケットは通常通り営業するところが多いようです。

しかし、大手スーパーマーケットグループでは、

 

「ライフ」時間変更の可能性もありますが、通常通り営業予定。

「イオン」検討中。

 

外食

 

飲食店は自粛を要請されている店舗もありますが、

 

「すかいらーくグループ」「吉野家」は可能な限り営業継続。時間短縮も検討中。

 

配達

 

配達会社では、ガソリンなど、不足しなければ、

 

「佐川急便」「ヤマト運輸」は可能な限り継続。

 

緊急事態宣言を受け大阪のライフラインは?

 

銀行

 

「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」

原則 全店舗通常運転

ATM 通常稼働

 

交通

 

「JR・大手私鉄」通常通り運行予定。

 

ガス・電気・水道

 

「ガス、電気、水道」は通常通り

 

「緊急経済対策(事業者向け)」で経済援助は?

 

「緊急経済対策(事業者向け)」で経済援助はあるのでしょうか。

 

政府は、

小中企業に200万円

個人事業者に100万円

を上限に経済援助をする方針だそうです。

 

 

 

Copyright© モテ女子素敵女子.com , 2020 All Rights Reserved.